矯正治療用分析ソフト

A to Z 3.jpg 

 矯正治療用に撮影したデジタルセファロレントゲン上で決められた計測点を入力し、コンピューター分析を行うことにより、精密な治療計画を立案しています。

顔面写真からの分析もあわせて行っています。  

難症例ではいくつもの分析法を融合して行うこともあります。

アルカス ディグマ

顎の運動を分析して、デジタルデーターで表示する装置です。見た目だけ整えるのではなく、こういった装置を利用して、機能的にも問題なく整える矯正治療を行っています。 顎関節症の改善の判定には特に有効です。 アルカス ディグマ.jpg 

ER:YAGレーザー

1_86542.jpg 

 最新型の歯科用レーザーです。この機械を導入してから、いろいろな治療が劇的に変わりました。 矯正治療に利用することもあります。

 治療効果はよく、治りははやく、痛みはほとんどないことも多いです。 

 初期の虫歯では無麻酔でほとんど痛みがなく終了します。 

 

  詳しくはこちらを御覧下さい

電動制御の注射器

 麻酔の時に痛みが少なくてすむように、電動制御されている注射器です。 

非常に効きもよく、以前の手動の注射器はもう使用していません。

 1_74225.jpg

笑気ガス麻酔

P2020063.JPG 

健忘効果(リラックス効果)のある笑気ガス麻酔の装置です。インプラントの手術やその他の歯科治療に併用することで、術中のストレスを軽減できます。 

多用するため、ほぼ毎日補充しています。 

CO2レーザー

長年愛用していたレーザーです。

最新のレーザーを導入してから、活躍の機会は減りましたが、こちらのレーザーのほうが適している治療もあります。  

矯正治療では主に上唇小帯や舌小帯の切離に使用します。麻酔は行いますが、出血はほとんどありません。

 画像 012.jpg

印象用機材

 P2020066.JPG

   印象用(型どり用)の機材です。型どりはかなり重要なステップで、きびしく判定してます。

 こちらが、精密でかための印象用の機材です。

 P2020061.JPG

 こちらが、概形の型どり用の機材です。

(一般に歯科医院で用いられているよりも精度がいいものです。そのぶん、材料費もかかります。)

レーザー虫歯検査機

 削ったほうがいい虫歯か、削らずに再石灰化を期待した方がいいかを、数値で簡単にあらわしてくれる装置です。

 詳しくはこちらをご覧下さい

 レーザーウ蝕診断.jpg

スピード型オートクレーブ

1_86507.jpg 

  短時間で滅菌が完了します。

歯を削るハンドピースや矯正用プライヤーなどを患者様ごとに滅菌しています。

2台一日中フル回転しています。

▲このページのトップに戻る