矯正治療と予防歯科

 矯正治療中は一時的に歯ブラシがしずらくなり虫歯や歯周病のリスクが高まります。歯並びを治している間に虫歯になってしまったら、何のために矯正治療をしているのかわかりません。
歯科アールクリニックでは矯正治療中や終了後さらには一生涯に渡って虫歯や歯周病にならないように予防を診療の重要な柱にしています。

虫歯予防

う触(虫歯)とは

う触とは、炭水化物(糖質)を基質として口腔内の最近が産生した有機酸によって歯が脱灰していくといった歯質の崩壊を主な変化とする疾患です。近年では、さらに特定の細菌がう触発生に関与していることが判明し、う蝕が細菌による感染症であるという考えが広く認識されています。しかし、その他の感染症と異なり、食生活など、さまざまな環境によってその発症および進行が左右される生活習慣病としての側面も同時に持ち合わせている複雑な疾患でもあります。
また、う触の進行の過程では、脱灰と再石灰化は常に繰り返される可逆的なもので、初期のものであれば健全な状態まで回復する可能性のある疾患であることも明らかになってきました。

  • 感染症:細菌感染
  • 生活習慣病:ライフスタイルに一因
  • 初期う蝕は元にもどる:脱灰と再石灰化

脱灰と再石灰化

歯のエナメル質・セメント質は唾液の成分によって保護されていますが、砂糖(ショ糖)の入った食物などの摂取でひとたび環境が変わると、少しずつ脱灰が進んでいきます。しかし、唾液の働きなどにより再び環境が改善されると、歯は再石灰化が促進されます。こうして、口の中では常に脱灰と再石灰化を繰り返しているのです。

Demineralization脱灰

口腔内の細菌が糖分を摂取して酸を産生するため、歯をとりまく唾液やプラーク中のpHは下がり酸性となり、エナメル質中のカルシウムイオンやリン酸イオンは溶出していきます。これを脱灰といいます。(下図左)

Remeneralization再石灰化

酸を中和する働きのある重炭酸イオンなどによって、中性環境になると、溶出していたカルシムイオンやリン酸イオンが再び取り込まれ結晶化します。これを再石灰化といいます。さらに唾液中にフッ化物イオンがあると再石灰化が促進され、フルオロアパタイトという酸に強い歯質を形成します。(下図右)

daimatudaisennsei.jpg

 

 

PMTC

 PMTCとは、ひと言でいえば専門家による歯のクリーニングのことです。PMTC専門のトレーニングを受けた歯科医師・歯科衛生士が、歯の表面についた歯垢(細菌の塊)や沈着物を特殊な医療器機を使って完全に取り去った後、歯垢(細菌の塊)の再付着を防ぎ歯の質を強くするためにフッ素を塗布することをいいます。 PMTCは、ムシ歯・歯周病の予防管理を目的として北欧でシステム化され,現在多くの国で行われています。自分で正しいホームケアを行い、定期的にPMTCを受ける事でムシ歯の再発及び歯周病の進行を防ぐことができます。

▲このページのトップに戻る